トップへ

2015.09.19 《「南光 米團治 正蔵 三人会」@ サザンビーチホテル&リゾート沖縄》


17日(木)から18日(金)にかけて、私は沖縄を満喫(^o^)/

0919①

沖縄県糸満市にあるサザンビーチホテル&リゾート沖縄が初の試みとして企画した落語会──、お蔭さまで大成功を収めました!

17日(木)の夜遅くに那覇空港に到着した我々噺家一行を、ホテルの方々が歓待して下さり、沖縄料理「ぱいかじ」へと直行──。ちなみに、「ぱいかじ」とは「南風」のこと。

0919②

オリオンビールで乾杯した後、泡盛のオンザロックをどんどんいただきました(^^)/

「南光」という銘柄があったので、「南光兄さん!    同じ名前の泡盛がありますよ」と言うと、「いや、それは飲み飽きてんねん。沖縄へ旅行した人からしょっちゅう土産にもらうんや。私は“菊の露”を注文します」との返答。「じゃあ、お兄さんは“菊の露”で、僕は“南光”でいきましょう…うん、南光もええやん。南光、なかなかやるなぁ」と、とことん“南光”を呼び捨てにしてしまいました(^0^;)

海ぶどう、ゴーヤチャンプル、素麺チャンプル、ラフテーなどなど、郷土料理と泡盛で上機嫌になり、その日は熟睡☆

翌朝──。

0919③ 0919④ 0919⑤
ホテルから見た沖縄のマリンブルーに感動!

最高の景色に気分爽快。さぁ、宴会場での“ランチ&落語会”の始まりです。

0919⑥

“敬老会スペシャル”と銘は打たれていましたが、若い方も結構お越し下さいました☆☆

実は開演前、かなり不安な心持ちだったのです。というのも、沖縄では殆んど落語会が開催されておらず、私自身も20年以上前に那覇で米朝の前座を一度勤めただけ。それ以降、落語で訪れたことはありませんでした。当然、今回「生で落語を聴くのは初めて」という人が殆んど。どうなることかと心配しましたが、嬉しい誤算(^^)/    前座から大ウケ(^O^)v

『牛ほめ』    はな平
『味噌豆』    正蔵
『桃太郎』    米團治
『義眼』    南光

トリの南光兄さんが降りても拍手鳴り止まず──。喜んでいただいたという実感が湧きました!

ご来場、心より感謝いたします(^人^)

なんと、別室で記者会見の席が設けられてあり──、

0919⑦
そこでも、大いに盛り上がりました(^0^;)

終演後はホテルスタッフの方々に「沖縄で一番」の評判を取ったソーキそばの店「いしぐふー」に案内していただき──、

0919⑧ 

0919⑨

炙りソーキ(豚肉)の味を堪能(^o^)

その後、ホテルスタッフの一人、知念満さんの運転で、斎場御嶽(セイファーウタキ)まで連れて行っていただきました(^^)/

0919⑩
何より天候に恵まれたのが有難い!

0919⑪
沖縄ブルーの美しいことよ!

道中、尚円王に代表される琉球王国の歴史や、沖縄の天孫降臨伝説アマミキヨの話をうかがい、大変勉強になりました(^O^)v

0919⑫ 0919⑬
久高島に向き合う御拝所では、とても神妙な気持ちに…_(._.)_

0919⑭

近年は宮古島を訪ねることが多かった私ですが、久しぶりに本島南部を訪れ、また一つ沖縄の良さを知ることができました。

0919⑮
綺麗な夕日を拝むこともでき──、

夜にはまたホテル近くの「漁民食堂」で美味しい沖縄の魚料理に舌鼓を打ちながら、沖縄人気質について教えていただきました。

「落語会を開催するには、土日祝日は勿論のこと、平日でも昼間のほうが良いと思います。なぜなら、沖縄の人は模合(モアイ)という組織(内地で言う頼母子講)に入っており、夜になるとその関係の飲み会がよく行われ、それを欠席すると罪の意識に苛まれるのです」

仕事は休めても、模合は休めぬ沖縄人──。いやはや、原日本人気質を感じた次第(^-^*)

0919⑯ 0919⑰
総支配人の柳内和子さんをはじめとするホテルスタッフの皆様!    心の籠もったおもてなし、まことにありがとうございました☆☆☆

また伺いますね(^-^*)