トップへ

2011.03.19 「現場の方には勲章を」


今日も福島原発の現場で核燃料の処理に当たっておられる方々、本当に本当にご苦労様です。 書類をいい加減に読むだけの人たち、或いはそこにも姿を見せないいわゆるエリートたちとはえらい違いです。


命を賭けて日本を守っている人達にこそ勲章を差し上げるべきだと思います。 大臣を一回経験するだけで勳一等がもらえる慣習はいかがなものか…。


今回の震災は 「もっと豊かな暮らしを」 と、物質的な豊かさを追い求めてきた “我欲” の結果であるようにも映ります。


日本のドンであった白洲次郎と正力松太郎の肝煎りにより始まった原子力発電所の建設。 責任の所在を曖昧にし、安全性の問題を先送りにした結果がこれです。 そろそろ、便利さより安心をという世論が高まってもよさそうなのに、なぜか起こりません。 火力発電や太陽光発電にシフトしてしまったら困る人が結構おられるんでしょうね…。
 

実は今、ヨウ化カリウムは一般ではほとんど手回りません。 国がすべて買い上げた(引き戻した)とか…。 そりゃ、東京と被災地に持って行くのが最優先ですから当然なのてすが、現在、ほかの土地にはありません。 もし、近い将来起きるとされている東海地震が起きてしまったら、静岡県の浜岡原発はどうなるのでしょうか? 近くを新幹線が走っている浜岡原発。 広瀬隆著の『原子炉時限爆弾』(角川書店)によると、ここも1~3号までは耐震指針無しに建てられた原子炉だそうです。 一刻も早く、ヨウ化カリウムを増産し、全国の地方自治体に備蓄しておくべきだと思います。


今、全国民が決して他人(ヒト)事だと思わずに取り組むこと。 そして、他人のためにどれだけ助け合うことができるかが問われているのではないでしょうか。


いろんな意味で世界の雛形と言われている日本。 我欲を捨てて、世界から尊敬される国を目指そうではありませんか?