トップへ

2015.04.12 《動楽亭昼席──何があろうと高座は笑いに》


6

10日(金)の夕刊各紙に「茨城県鉾田市の海岸に約150頭のイルカが打ち上げられているのを発見した」という記事が載りました。

可哀想ですね。ここ数年、イルカや鯨が海岸に座礁してしまうニュースをよく耳にします。原因は、巷間言われている通り、原子力潜水艦だったりして…。

海中を高速で走行する原子力潜水艦は障害物を避けるための超音波探知機(ソナー)を装着しているのですが、その大音量がイルカや鯨の三半規管に悪影響を及ぼすことは、すでに米海軍も認めています。

シー・シェパードは、なぜアメリカを追及しないのでしょうかね?

日本の捕獲量をはるかに上回るイルカや鯨が犠牲になっているというのに。

かつてはジェット燃料に鯨油を使うため、ほしいままに捕鯨していた彼ら──。それ以上の製油技術を手にした途端、捕鯨をやめて、日本へのバッシングを始めたのですから…。

そして、今度はソナーを使い放題。潜水艦や探査船などの“海底調査”によって、地震が誘発されたら、たまったもんじゃありませんよね。

まぁ、しかし、我が御大(米朝)は何が起きても動じずでした。以前、米朝が高座に上がっている時に地震が起きたのです。すると、米朝は泰然として「地震の小咄」を喋り出しました。楽屋はビックリ。でも、客席は笑いの渦となりました(^ー^)/

「周囲でどんなことが起きようが、高座ではお客を笑わさなアカン」

その御大が他界し──、今は米朝ネタで笑いを取っております☆☆ 

1

今月の動楽亭昼席は、私、10日(金)と11日(土)に出演。

地震が起きようが、救急車が通ろうが、選挙カーが停まろうが…何があっても、笑いに転化する気持ちで高座に臨みましたf(^ー^;

【10日】
『ろくろ首』 そうば
『いらちの愛宕詣り』 雀太
『掛取り』 米團治
『つぼ算』 南光
   〈中入〉
『大阪環状双六ゲーム』 雀喜
『三年目』 米紫

【11日(土)】
『花ねじ』 優々
『いらちの愛宕詣り』 雀太
『立候補』 三幸
『地獄八景亡者戯(前半)』 米團治
   〈中入〉
『紙入れ』 岐代松
『軒付け』 文太

沢山のご来場、心より御礼申し上げます(^人^)

そうそう、両日とも私は舞台の合間に雑誌取材を受けました。月刊誌「ユリイカ」と、週刊誌「週刊文春」。どちらも米朝についての思い出です。

父に感謝☆☆☆

詳しいことは改めて(^∧^)