トップへ

2015.03.11 《第2回「文楽応援の落語会」》


0311①

10日(火)の天満天神繁昌亭夜席は「文楽応援の落語会」でした。

大阪市からの文楽協会への助成金(運営補助金)が減額されたことに危機感を募らせた大阪大学招聘教授の高島幸次さんが、春之助兄さんとともに「文楽応援のための落語会を企画しよう」と発案。昨年開いたところ、大入満員の盛況となり、今年二回目の公演が実現。そこへ私もお声掛けをいただいたというわけです(^0_0^)

今回は来月「吉田玉男」の名跡を二代目として襲名される人形遣いの吉田玉女さんをお招きし、落語は浄瑠璃に関係するネタを並べ、賑々しく繰り広げられました。

今回も大入満員の盛況!

「文楽応援の落語会」と謳いながら、実は“文楽ファンの方に落語を応援してもらう会”ではないのかなと、ちょこっと汗をかきながら高座を勤めました(^o^;)

『稽古屋』 春雨
『SM義太夫』 たま
『菅原息子』 米左
『猫の忠信』 米團治
   〈中入〉
「座談」 高島幸次、仲野徹、桂春之輔、特別ゲスト…吉田玉女、玉路。
『どうらんの幸助』 雀三郎

沢山のご来場、まことにありがとうございました(^人^)

0311②

玉女さんは熊谷次郎直実の人形をお持ちいただき、落語会に華を添えていただきました(^∧^)

0311③

来月4日から始まる国立文楽劇場での二代目吉田玉男襲名披露公演──。大きな“熊谷”を観るのを今から楽しみにしております☆

終演後は、天神橋筋商店街の居酒屋「かっぽうぎ」で“打ち上げ”の開宴(^_^)/□☆□\(^_^)

この日、文楽の竹本英大夫さんがお客さまとしてお越し頂いていたのですが──、

0311④

なんと酒宴にも加わっていただき、大いに盛り上がりました♪

実は、英(ハナフサ)さんにお稽古をつけてもらっている噺家や三味線奏者が沢山いるのです。南光兄さんもその一人。お師匠さんに上達度合いをお訊きしたところ、「『寝床』に出てくる旦那を見るようです」とのことでした(^o^ゞ

0311⑤

「座談」で出演された大阪大学教授で医学博士の仲野徹さんも英大夫門下なのだとか。もちろん素人部門の(^_^ゞ

文楽談義で楽しい時間を過ごした次第(^ー^)

0403好職
私の次の繁昌亭夜席出演は、4月3日(金)18時半からの好色…いや、「好職五人男」です。林家染二、笑福亭銀瓶、桂春蝶、桂三四郎と私による競演。ご期待下さい\(^-^)/