トップへ

2014.12.20 《56回目の誕生日》


1220①
 
20日(土)、無事に56歳を迎えることができました☆
 
「無事に」と書いたのは、私にとって55歳が鬼門の年だったからです。
 
かつて、父・米朝は自分は55歳で死ぬと言い続けておりました。
 
というのも、自分の父(中川延太郎)も、自分の師匠(四世桂米團治)も、東京での師匠(正岡容)も、皆、数えか満の55歳で亡くなったから…。
 
したがって、自分も55歳で死ぬと言い続けていたわけです。
 
結局、米朝は89歳を迎えた今も元気に生きています(^-^ゞ すなわち、予定を34年もオーバーしている勘定になります(^ー^)
 
しかし、55歳の時には原因不明の病気で3ヶ月の入院をするなど、波乱に満ちた年となりました↑↓↑
 
その55歳の年に突入した私は、実はとても心配だったのです(・・;)
 
実際、体調を崩した時期もありました…
 
でも、お蔭さまで、鬼門の年齢を脱出!
 
56歳を迎えた時、妻は「おめでとう。これであなたも89まで生きるわ」と言って──、
 
1220②  
TAKEO KIKUCHI の鞄をプレゼントしてくれました☆☆
  
「明日からは紙袋を提げて仕事に行くことだけは控えてね」とf(^^;
 
1220③  
コカ・コーラや三矢サイダーなどのペットボトルも綺麗に入る(私にとっての)理想形☆☆☆
 
1220④  
早速、ご機嫌に酔いしれた私です(^o^ゞ
 
 1220⑤
 
米朝事務所にも沢山プレゼントが届きました!! 皆様、どうもありがとう(^人^)