トップへ

2014.12.04 《師走の動楽亭も大賑わい》


紅葉が樹氷に代わるカレンダー
  
これは、私が小学生だった頃、担任の先生が作られた句です。
 
俳句…というより、季語の入った川柳のようだなぁとも思えますが、この冬は正にこの句のような暦の変わり方でしたね。
 
ところで、師走に入っても、大阪・西成の動楽亭昼席は大賑わい! 今月は私、3日と4日に出番をいただきました(^0_0^)
 
1204① 
 
外は寒いけど、動楽亭は地下鉄「動物園前」駅の①号出口を出てすぐにある好条件。中に入れば、身も心も温まります(^ー^)
 
両日ともお客様に大きな拍手で迎えていただき、感謝感謝の気持ちで高座を勤めましたm(__)m
 
【3日】
『延陽伯』 小鯛
『初天神』 雀五郎
『寝床』 まん我
『お文さん』 塩鯛
   〈中入〉
『かぜうどん』 あさ吉
『代書』 米團治
 
【4日】
『十徳』 小鯛
『ちしゃ医者』 雀五郎
『鉄のハローワーク』 しん吉
『つぼ算』 歌之助
   〈中入〉
『蛸芝居』 米團治
『子は鎹』 団朝
 
動楽亭は、ざこば兄さんが席亭を勤める寄席小屋です。
 
1204②  1204③
 
客席後方は、御大の色紙や、亡き枝雀兄上の色紙など、落語ファンには垂涎の品々で彩られています(^o^)/
  
毎月1日~20日が定打ちの昼席ですが、それ以外にも様々なスタイルの落語会が用意されています。稼働率が結構いいのです(^ー^)
 
1204④ 
 
ちなみに、今月23日(火・祝)は私の“研鑽の会”──。『口入屋』と『除夜の雪』をかけます。
 
お問い合わせ、ご予約は、米朝事務所(06-6365-8281)までよろしく(^∧^)