トップへ

2014.10.11 《「米團治・花緑二人会」@名古屋アートピアホール》


9日(木)、名古屋にてアスターミュージック主催による「米團治・花緑二人会」が盛大に開かれました。
  
昨年に引き続いて、名古屋で二回目の上演です(^o^)/
 
1011① 
 
会場は名古屋市中区栄3丁目にあるナディアパーク(デザインセンタービル)11階のアートピアホール。亦の名を名古屋市立青少年文化センター、或いは国際デザインセンター、また一書ではビジネスセンタービルと言います。
 
何やら神社のご祭神名のようで、どれが本当の名前か分からない(^o^ゞ
 
その、アートピアホールには沢山のお客様が賑々しく詰めかけて下さり、とても陽気な雰囲気で始まりました(^0_0^)
 
『看板の一』 米輝
『目黒のさんま』 花緑
『代書』 米團治
   〈中入〉
『井戸の茶碗』 花緑
『質屋芝居』 米團治
 
最後は二人並んで高座にすわって、ご挨拶──。
 
盛況のうちに幕を降ろすことができました。ご来場まことにありがとうございました(^人^)
 
よろしければ、[お問い合わせ]をクリックして、ご感想をお寄せ下さいませm(__)m
 
1011② 
 
終演後は、アスターミュージックの羽佐田さんが我々二人を珍しい店に連れて行って下さいました。
 
東区泉2丁目の不思議な空間──。「ジャングルジャッブ」というお店。
 
1011③ 
 
但し、入口には「人見知りをするお店」という札がぶら下がっているだけ。
 
中に入ると、ウヰスキーのシングルモルトがズラリと並び、日本のアンティークな調度品が飾られている“昭和なスペイン風居酒屋”といった雰囲気──。
 
料理も抜群で、自家製のジンジャーエールがめっちゃ美味しいのです!
 
1011④  
一本2500円というブルゴーニュの白ワインも気に入りました。
  
わいわい喋っているうちに、花緑くんが「兄さん、もう1時だよ」「え~っ、いつの間に…」。すっかり出来上がってしまった私です(^o^ゞ
 
だんだん名古屋の夜の楽しみ方がわかってきた今日この頃──。次回も多数のご来場を!
 
1011⑤ 
 
翌朝、穏やかな秋晴れの中、一時間足らずで大阪へ到着。ホンマに新幹線は速いなぁ。
 
そうそう、楽屋で出た名古屋名物「しら河」の“ひつまぶし”は、帰阪組の弟子一同がよばれました。羽佐田さん、ありがとうございます(^人^)