トップへ

2014.09.16 《京都国立博物館、平成知新館ホール“柿落とし”》


このほど京都国立博物館の敷地内に平成知新館が完成し、14日(日)に地下講堂の“柿(コケラ)落とし”があり、そこで私の落語会を開いていただく光栄に浴しました(^人^)

 

実は、この会はクレジットカード会社「アメリカンエキスプレス」の顧客様対象のイベントでした。


091601

 

博物館の閉館時刻が過ぎてから、ホールで落語を聴き、そのあと学芸員の“国宝展”の解説を聴いて、その展示を見るという特別企画!

 

「お囃子解説」 米團治・紅雀・佐ん吉・慶治朗・浅野美希

『親子酒』 紅雀

『はてなの茶碗』 米團治

 

とても温かいお客さまのもと、明るく楽しい“柿落とし”公演にすることができました(^ー^)

 

 091602

 

その後、学芸員の方の解説を聴き、お客様に交じって“国宝展”を鑑賞。いきなり出くわした河内国の金剛寺に伝わる大日如来坐像のスケールの大きさにはびっくり! 数々の国宝を堪能しました☆☆☆

 

 091603

平成知新館オープン記念展「京(ミヤコ)へのいざない」は、11月16日まで開催しているとのこと。

 
091604

また、京都国立博物館は以前から落語会にも力を入れて下さっており、10月31日(金)と11月2日(日)3日(祝)には“米朝アンドロイド”が登場する特別落語会もございます。

 

よろしければ、ご覧下さい(^人^)

 

ところで──。実は、京都に着いてから、時間に余裕があったので、以前一度訪れた日向大神宮に参拝することができました。

 

 091605091606


 091607091608

 

外宮、内宮、天の岩戸…と、以前と変わらぬパワーを感じた次第☆☆☆

 

 091609

伊勢神宮遥拝所からは京都の市街地を見下ろすことも可能(^0_0^)

 

 091610

 

やはり、人には教えたくない神社でありました(^ー^)