トップへ

2014.09.05 《桂米團治独演会@横浜にぎわい座》



090501

 

毎年9月の恒例となりました横浜にぎわい座での桂米團治独演会!

 

 090502

 

今年は5日(金)に開催。横浜市中区野毛町にある横浜にぎわい座は、桜木町駅から徒歩3分という利便性抜群の寄席小屋です。

 

 090503

 

舞台チェックはスムーズに進行(^0_0^)

 

ここは本当に客席が賑わう所。今回も沢山のお客様が詰め掛けて下さり、前座の慶治朗からよく受けました(^0_0^)

 

『子ほめ』 慶治朗

『看板の一』 米團治

『堺飛脚』 米紫

『鹿政談』 米團治

   〈中入〉

『口入屋』 米團治

 

この日の三味線は東京の太田そのさん。最後の出囃子に長唄「勧進帳」の“寄せの合方”を弾いていただいたものだから、数年前に新橋演舞場で正蔵・米團治(当時、小米朝)・三平(当時、いっ平)の三人が弁慶・富樫・義経を演じたことを思い出し、富樫の台詞を少し語り出したところ、これまた絶妙のタイミングで太田そのさんが三味線を奏でてくださったので、私は思わず興に乗って、しばし“一人勧進帳”を演じてしまいました(^o^ゞ

 

そのため、少々息が上がった状態で『口入屋』に入ってしまったこと、深く反省しておりますm(__)m

 

これからは、もう少し落ち着いて、状況をわきまえて、高座を勤めます(^^ゞ

 

しかし、この日はそんな遊びをも許して下さるような温かいお客様でした。ご来場、まことにありがとうございました(^人^)

 

 090504

 

終演後、楽屋では東京からのお客様、古賀恵理さんたちとウィーンのピアノ“ベーゼンドルファー”の話題で盛り上がりました♪

 

さて、出演者一行は新横浜駅まで移動し、ダイワロイネットホテル新横浜にチェックイン!

 

すぐ傍にあったサイゼリアで、美味しくリーズナブルに酒宴を開始(^_^)/□☆□\(^_^)

 

 090505

 

お手伝いに来てくれてた柳家小太郎くんも加わり、大盛り上がり(^o^)/

 

開演中も終演後も賑わいました(^ー^)

 

翌朝は、新横浜6:39発ののぞみに乗車。さあ、大阪・生國魂神社で彦八まつりが始まります。オープニングでは長唄「雛鶴三番叟」をご披露申し上げます(^-^ゞ

 

皆様、彦八まつりへも、お越しやす☆☆☆