トップへ

2014.08.06 《近鉄アート館での朗読劇『春琴抄』、盛況裡に終了》


5日(火)は大阪・阿倍野の近鉄アート館で、鈴木美智子さんとの朗読劇「春琴抄」に出演。大いに盛り上がりました(^o^)/

 

関西のラジオ・パーソナリティーの第一人者であり、アナ・トーク学院の主宰でもいらっしゃる鈴木美智子さんとの共演──。谷崎潤一郎作の『春琴抄』を、美しく設えられた舞台で朗読するのです。大丸心斎橋劇場、芦屋ルナホールに続いて、三度目の上演。

  

羽野暢さんのこだわりの演出が効を奏し、毎回、新鮮な気持ちで演じることができます(^0_0^)  舞台中央の二畳結界は喜多俊之さんの考案。春琴の衣裳はコシノ・ジュンコさんによるデザインです。

 

 0806②

「これは春琴の衣裳と違うと書いといてよ」と執拗に仰った美智子ねえさんとのツーショット☆☆

 

今回は、『春琴抄』の前に、唯川恵さん作の『夏の少女』の朗読もあったのですが、そこで少女を演じたのが森田心愛ちゃん。

 

 0806③

心愛と書いて「ここあ」と読むのだそうです。とても可愛い女の子ですが、小学4年生とは思えぬほど、しっかりした演技をしてました☆☆

 

 0806④

ロビーには沢山の“祝い花”が飾られ、いざ、開演──。昼夜二回公演でしたが、どちらも大入満員!

 

[第1部]

唯川恵作『夏の少女』

 

[第2部]

谷崎潤一郎作『春琴抄』

 

[第3部]

トークライブ

 

『春琴抄』での音楽がまた良かった♪ 奥村英樹さんのヴィオラ、今村公子さんの琴の音色は、まるで谷崎の深層心理を奏でているかのように聞こえました☆☆

 

朗読ではピンと張りつめた…しかし居心地の良い空間が作られ、トークライブでは一転、爆笑の渦が巻き起こりました(^ー^) 殊に、夜の部では“美智子節”が炸裂! 過激な話題で大いに盛り上がりました(^o^ゞ

 

沢山のご来場、心から御礼申し上げます(^人^)

 

終演後は、あべのハルカス・タワー館14階の「A・W・Kitchen」で打ち上げ(^-^)/ 深夜まで“美智子節”が続きましたf(^ー^;