トップへ

2014.07.17 《「米朝落語全集」完結の宴》


15日(火)、創元社の「米朝落語全集」増補改訂版の完結を祝う宴が開かれました(^-^)/

 

 

 

創元社の矢部社長が、編集部の松浦さん、紫藤さんとともに、編集に際して一番苦労したであろう米朝事務所の今井社長と、ジーやんこと米二兄さん、そして私を招いて下さったのです。

 

 

場所は大阪・上本町、上町筋と長堀通りの角にある割烹「とんぼ」。

 

ここは江戸時代から続く老舗の料理屋なのだとか。以前、お店の隣に「富貴」という寄席があったことを、ご主人が教えて下さいました☆

 

「大福帳」と書かれた芳名録には、ぞくぞくするような文化人・俳優・女優の名前が記されてあります。そこには桂米朝の自筆サインもありました☆☆

 

 

また、代々のご主人が骨董品を集めるのが趣味で、各部屋に置かれている調度品の数々!

 

見るからに高価なものから、摩訶不思議なものまでf(^ー^;

 

もちろん、お酒もお料理もとても美味しく、一年の疲れが吹っ飛んだように思えました(^o^)/

 

そして、箸休めに出てきたのが、これ。

 

 

「とんぼ」のご主人の渾身の作──。氷柱から女体を彫刻した“氷の微笑”に、ますます元気を得た私ですf(^ー^;

 

いやぁ、さすがに大阪の出版社! 大阪の美味しいお店をよくご存知です(^q^)

 

 

「米朝落語全集」もさることながら、同じく創元社から出ている「大阪名物」と「関西名物」の二冊もオススメですよ☆☆☆