トップへ

2014.06.18 《「ボクらの時代」に出演》


17日(火)は、フジテレビのトーク番組「ボクらの時代」の収録がありました。

 

司会者も進行役もないトーク番組。気の合う三人が集まって、ただただ喋るという趣向なのですが、出演者の本音が聴けるとあって、各所で評判を呼び、もう7年も続いているんだとか。

 

今回のメンバーは、柳亭市馬、柳家喬太郎、そして私の落語家三人組。

 

三人の中では私が一番年上で芸歴も上なのですが、あとの二人がとても落ち着いた風貌があるので、たぶん私が一番年下に映っていたことでしょう(^o^ゞ

 

 

 

収録場所は品川区東大井の「吉田家」という蕎麦処。旧東海道、品川宿の街道筋に面しているため、往時を偲ぶ風情が店構えからも感じられます。

 

30分番組ですが、収録は2時間みっちり。話題は多岐にわたりました。

 

 

 

落語(殊に江戸と上方の違いについて)のこと、師弟関係のこと、家庭のこと、恋愛のこと…。それぞれのマネージャーが別室でモニターを見ながら、大笑い。「市馬さんまで、そこまで言うか」などと感心していたそうです(^o^ゞ

 

 

 

収録後、中庭の池で泳いでいる大きな鯉を見て、市馬さんが一言、「今日のタイトルは、コイ多き男たちだな」。

 

さあ、どう編集され、どこが使われるのでしょうか(^o^ゞ

 

フジテレビ(および系列局)の「ボクらの時代」──、放送は6月22日(日)午前7時~7時半です。よろしかったら、ご覧あれ☆☆☆