トップへ

2014.04.20 《桂米團治独演会 in 名古屋》


19日(土)は名古屋市東区東新町にある中電ホールでの独演会でした。

 
 

 

春の名古屋公演もすっかり定着した感がございます(^ー^)

 

ここしばらくは名古屋アートピアホールでの開催でしたが、諸事情あって(^o^ゞ 今年からは中電ホールに戻りました。


 

少しキャパが小さくなった分、お客さんとの一体感が強まったようです。ぎっしり詰まったホールで、和気藹々と楽しい時間をつくることができました(^0_0^)


 

主催のアスター・ミュージック代表の羽佐田さんが直々に作られた私の提灯に火が入り、いざ開演──。

 

『七度狐』 米輝

『七段目』 米團治

『上燗屋』 ひろば

『景清』 米團治

   〈中入〉

『阿弥陀池』 米團治

 

ご来場の皆様、まことにありがとうございました(^人^)

 

名古屋のお客様はご陽気な方が多いのですが、今日は殊のほか皆さんよく笑って下さいました\(^o^)/

 

トリネタの『阿弥陀池』では続けさまに笑いが起き、終わるのが惜しい気持ちになりました。こんなことは滅多にない…いや、毎回こうなるようにせなあかんな。精進しようf(^_^)

 
 

「今日はロビーの販売物もよう売れましたで」とは、米朝事務所の今井浩社長の弁。


 

 

重ねてお礼申し上げますm(__)m

 

そうそう、楽屋弁当として毎回ご用意して下さる「しら河」の“鰻まぶし(ひつまぶし)”は、まことに美味(^q^)


 

 

ほかの演者は開演前に平らげていましたが、私は帰阪後、我が家でよばれました(^人^)

 

名古屋の皆様、またよろしくお願いします☆☆☆