トップへ

2014.03.11 《陽気な3月動楽亭昼席》


大阪・西成の動楽亭昼席、今月は私、9日と10日に出演。

 

 

両日とも、とてもご陽気なお客様で、嬉しゅうございました(^0_0^)

 

9日(日)

『延陽伯』 優々

『替り目』 ひろば

『つる』 米平

『悋気の独楽』 わかば

   〈中入〉

『貧乏花見』 千朝

『代書』 米團治

 

10日(月)

『動物園』 優々

『替り目』 ひろば

『片棒』 米團治

『鶴亀捕物帳』 塩鯛

   〈中入〉

『いらち俥』 わかば

『愛宕山』 吉弥

 

ご来場まことにありがとうございました(^人^) また、ご感想をお寄せ下されば幸いですm(__)m

 

ところで──。

 

10日の朝、私が常々お世話になっていた宝塚の書道教室「景風会」の主宰であった片岡紫江先生が、脳梗塞のため、お亡くなりになりました。

 

先生は私が噺家になった頃からずっと応援して下さり、4年前にはスコットランドのエディンバラで私に英語落語をする機会まで与えて下さった恩師です。


 

 

昨年の暮れに宝塚ホテルで笑顔でお別れしたのが最後となりました。

 
でも、年が明けてからも、電話でお元気な声をお聞きし、達筆のお手紙も頂戴しておりました。何より、今月3日まで個展開催のためにカナダに行っておられたのだとか。帰国後はすぐに宝塚の書道教室で教鞭を執られ、(私の出番はありませんでしたが)7日の宝塚ソリオ寄席でも楽屋のお世話をきちんとして下さり、お亡くなりになる直前まで、いつも通りの元気な片岡先生でいらっしゃったそうです。


常に本物を求めて、85年の人生を全力で走り抜かれた偉大な師匠でいらっしゃいました。何も恩返しできずじまいでしたが、片岡先生の教えは私の弟子に伝えて行く所存でございます。

 

ありがとうございました。心よりご冥福をお祈り致します☆