トップへ

2014.02.23 《「米朝一門会」 in ヴィアーレホール》


22日(土)、大阪市民のための落語会が大阪・安土町のホテルヴィアーレ大阪にて開催されました。


 

 

ここは、大阪船場のど真ん中にありながら、比較的リーズナブルな料金設定になっているホテルです。宿泊施設のほかに、チャペルや会議室やホールなどがあります。レストラン「フォンタナ」もおすすめ(^q^)

 

ちなみに、ヴィアーレとはイタリア語で並木道という意味。フォンタナとは泉のこと。

 

落語会は4階のヴィアーレホールにて、賑々しく開演しました(^ー^) 今日は二回公演。

 

【11時の部】

『狸の賽』 團治郎

『禍は下』 すずめ

『住吉駕籠』 文之助

   〈中入〉

『七段目』 米團治

『帰り俥』 雀三郎

 

陽気なお客様に助けられ、大いに盛り上がりました↑↑↑


 

「よしや」の楽屋弁当を美味しくいただき、いざ! 二回目のステージへ(^o^)/

 

【15時の部】

『いらち俥』 團治郎

『禍は下』 すずめ

『天神山』 文之助

   〈中入〉

『七段目』 米團治

『ちしゃ医者』 雀三郎

 

二回目も盛況のうちに幕を下ろすことができました(^0_0^)

 

久しぶりに聴いたすずめさんの『禍は下』が、うんと味わい深いものになっていて、気づけば“すずめワールド”に引き込まれておりました(^0_0^)

 

 

米團治カレーを渡したら、「来月29日の国立文楽劇場での私の会に、これお配りものに使わせていただこうかしら」と、すずめさん。「ありがとうございます。でも、その前に食べてみて下さいね」と、私(^o^)

 

今日はロビー販売はありませんでしたが、また宜しくお願い致しますm(__)m

 

寒い中、沢山のご来場まことにありがとうございました(^人^)

 

23日(日)の京都での独演会もがんばります(^-^)/