トップへ

2014.02.08 《ピッコロシアター主催「桂米團治独演会」、大入満員!》


7日(金)、兵庫県尼崎市のピッコロシアターでの独演会は無事終了しました。

 

ピッコロシアターは正式名称を兵庫県立尼崎青少年創造劇場と言い、私が噺家になった1978年に誕生した演劇を中心とした芸術劇場です。

  

開館以来、毎年開催されてきた「桂米朝独演会」──。やがて、それが「米朝小米朝親子会」となり、そして「桂米團治独演会」へと移行。

 

あとを受け継いだ使命感を強く胸に抱き、毎回、私は心を込めて本番に臨んでおります☆☆☆

  

今回は雪が舞う寒さ厳しい中にも拘わらず、大入の賑わいとなり、誠に嬉しいかぎり(^人^)


 

 

喜びと感謝の気持ちで高座を勤めました(^o^)/

 

『阿弥陀池』 米輝

『掛取り』 米團治

『猫の茶碗』 米平

『子は鎹』 米團治

   〈中入〉

『地獄八景亡者戯』 米團治

 

お蔭さまで盛況のうちに幕を下ろすことができました☆☆☆ 寒い中を賑々しくお詰め掛け下さり、心よりお礼申し上げます(^人^)

 
 

カレーやCDなど、米團治グッズの売れ行きも好調。ありがとうございましたm(__)m


 

 

そうそう、只今ピッコロシアターの展示室では、大阪府立上方演芸資料館との共催による「殿堂入りした上方の落語家たち展」が開かれています。(12日まで)

 

郷里での落語会には旧友もよく足を運んでくれるのが有難いところですね。この日は私の小学校時代の恩師である高田昌子先生が楽屋を訪ねて下さり、昔話に花が咲きました(^0_0^)

 

終演後は、県立尼崎北高校の同窓生の酒宴に合流。

 

第26期生の結束は堅いなぁ(^0_0^)  旧友の湯浅から屋久島の焼酎「愛子」をもらい、ごきげんの私(^o^ゞ

 

来週は和歌山での独演会。和歌山の皆さん、どうぞよろしくお願いします(^人^)