トップへ

2013.12.20 《米團治一門会~55歳の誕生日》


19日(木)、大阪・天満天神繁昌亭での初の「米團治一門会」は、お蔭さまで大盛況のうちに幕を下ろすことができました(^人^)

 

本当は繁昌亭で一門会を開くのはまだ早いのかもしれません。何しろ一番弟子の團治郎でさえ、噺家生活4年半なのですから…。しかし、何もしなくては成長しません。「よし、やってみよう!」。思い切って開いた第1回──。

 

我々だけではお客様へ100%の満足度をお与えするのはまだまだ無理なので、東京からゲストとして入船亭扇遊さんにお越しいただきました(^∧^)

 

一番太鼓とともに、続々とお客様が詰め掛けて下さいます(^ー^)


 

二番太鼓を打つ時も、米輝以外は皆、真剣な表情です。

 

年季の浅い三人の弟子──、うまくやってくれるかなぁと、私は子供の運動会を見る親のような心境でしたが、お客様の温かい眼差しに助けられ、大きな笑いと拍手をいただくことができました(^0_0^)


 

囃子場の簾から覗く高座風景。

 

「ご挨拶」 一門全員

『子ほめ』 慶治朗

『七度狐』 米輝

『井戸の茶碗』 扇遊

    〈中入〉

『悋気の独楽』 團治郎

『崇徳院』 米團治

 

扇遊お兄さまは、江戸落語『井戸の茶碗』を粋に聴かせて下さいました。感謝感激(^人^)

 

ご来場の皆様、まことにありがとうございましたm(__)m また、ご感想をお寄せ下さい☆


 

そうそう、この日から発売を開始した「桂米團治のこだわりオニオンカレー」も売れ行き好調(^ー^)

 

こちらもまた、ご感想をお寄せ下さい(^q^)

 

 

終演後は、天神橋筋商店街の中にある『松留』にて打ち上げ!


 

ゲストの扇遊兄さんとともに、大いに弾けました\(^o^)/

 

そこに、文之助兄さんと内海英華さんが合流(乱入)し、さらに大きく盛り上がりました\(^o^)/

 

実は、今週の繁昌亭昼席は「雀松改め、三代目桂文之助襲名披露興行」が行われているのです。お二人は昼席が終わってから、この時間までずっと飲み続けていたみたい(^o^ゞ

 

さて、日付が変わると、55歳になる私。その頃、三人の弟子から誕生日プレゼントをいただき──、


 

狂喜乱舞したそうです。


 

ここまで、はしゃいでいたとは(^o^ゞ

 

普段はもうちょっと落ち着いていますので、念のため…(^-^ゞ

 

今後とも我が一門にご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い致しますm(__)m