トップへ

2018.07.01 《6月下旬の演目》


只今、ブログ休止中につき、公演の演目と放送内容のみ記します。

▼ 朝日上方落語「桂米朝一門会」in  徳島

0701① 0701②


20日(水)18時半開演
徳島県郷土文化会館 “あわぎんホール” にて

『みかんや』 慶治朗
『皿屋敷』 ちょうば
『茶の湯』 吉弥
『子は鎹』 米團治
   〈中入〉
『上燗屋』 ざこば
『義眼』 南光

0701③
「米團治カレー」がアッと言う間に完売。沢山のご来場とご購入、ありがとうございました。

▼「桂米團治  芝居噺とトークショー」
0701④
23日(土)14時開演
大阪府池田市、逸翁美術館 “マグノリアホール” にて

阪急電鉄、宝塚歌劇団の生みの親、小林一三翁の邸宅に作られた逸翁美術館にあるマグノリアホールで開催中の企画展「歌舞伎ワールド ─── 役者で魅せる芝居入門」を記念しての落語会と相成った次第。

[落語]
『七段目』 桂米團治

[トーク]
「芝居噺の魅力」 桂米團治 きき手:朝峰ひかり

0701⑤

お蔭さまで、チケットは早々に完売! 落語の後は、元タカラジェンヌで現在マグノリアホールの支配人を勤めておられる朝峰ひかりさんの進行により、とても愉しいトークショーが繰り広げられました。

個人的には、逸翁美術館の収蔵品の充実ぶりに驚愕。役者絵や絵看板だけで、歌舞伎の成長過程がここまで分かるとは!

0701⑥
館内のカフェ「IAM」でよばれたカレーは美味! 一三翁ゆかりの邸宅レストラン「雅俗山荘」から運ばれてくるものなのだとか。

▼ 桂米團治広島特別公演「おぺらくご」
0701⑦
30日(土)13時半開演
JMSアステールプラザ中ホールにて

[第1部]落語
『動物園』 鯛蔵
『掛取り』 米團治

[第2部]おぺらくご
モーツァルト作曲『フィガロの結婚』
桂米團治(語り)
平福知夏(ロジーナ)
小林良子(スザンナ)
増田由香(ケルビーノ)
オーケストラ:後藤明子 with 広島アーティスト協会合奏団

0701⑧

広島で初めての「おぺらくご」は、満員のお客様のもと、大いに盛り上がりました。心より感謝申し上げます。

0701⑨

終演後は「雨後の月」をはじめとする広島の美酒に酔いしれた次第☆