トップへ

2013.07.27 《株式会社パトライトで、講演》


皆さん、パトライトって会社をご存知ですか?


 


パトカーのライト、すなわち赤色灯を専門に作っている会社なのです。パトカーと言うと(私も含めて)交通違反などでつかまったことのある人にとっては、あまり良いイメージはないかもしれませんが(^o^ゞ、防犯や犯罪捜査には無くてはならぬもの。


もちろん、パトカーだけではなく、消防車や救急車など、あらゆる緊急車両の赤色灯を専門に作っている会社で、全国生産の98%を占めているのだとか。赤色だけでなく、青、黄、緑、紫と、いろんな色が開発されている警告灯──、この会社では「警光灯」と呼んでいるそうです。


 


何より本社が大阪・松屋町にあるというのが、関西人としては嬉しい限り(^ー^)


「安心・安全・楽楽」をモットーに、海外にも進出しておられるパトライトさんからお招きを受け、26日(金)、社員の皆様の前でお話しをしてまいりました。


 


会場は三田工場。首都圏の方は大抵「みた」と読んでしまわれる「さんだ」です。三田市は緑の多い田園都市。工場の所在地を見てビックリ! 兵庫県三田市テクノパーク19-2 片仮名の地名や! 田園地帯に堂々と聳える最先端の工場で、私は純和風な姿に身を包み、「自分が今ここにある意味」についてのお話しをさせていただきました。


話をしているうちに、私のほうが、より良い警光灯を作り続ける社員の方々のひた向きな精神に感銘を受けた次第(^人^)


私は電球一つ作れるわけではないけれど、より良い空気のなごみを作るため、これからも精進いたします↑↑↑