トップへ

2013.06.11 《もとまち寄席「恋雅亭」、大盛況!》


毎月10日に神戸・元町の風月堂ホールで行われている落語会「恋雅亭」。昭和53年4月にスタートし、今年、35周年を迎えました。この日で418回目となります!

 

「恋雅亭」には時々出させていただいておりますが、毎回思います。「ここのお客さんは温かいなぁ」と(^0_0^)


 

 

この日は少し早く元町に着いたので、久しぶりに南京町を散歩(^0_0^)

 

元町商店街にある風月堂ホールに着くと、客席はすでに大入満員(^人^) 前座の團治郎から終始、陽気な笑い声に包まれていました(^ー^)

 

『動物園』團治郎

『通天閣に灯がともる』そめすけ

『紙入れ』岐代松

『夢の革財布』枝三郎

   〈中入〉

『宿替え』楽珍

『質屋芝居』米團治


 

 

ご来場の皆様、ありがとうございました(^人^)

 

終演後は、恋雅亭同人会の方々とともに、元町駅直結の地下道のレトロな居酒屋「遊あい亭」で打ち上げ(^q^)


 

 

噺家の本音トークで、またひとしきり盛り上がり、神戸元町の夜は賑やかに更けて行きました↑↑↑