トップへ

2013.05.16 《天満天神繁昌亭昼席、日を追うごとに盛り上がる》



連日、晴天に恵まれている天満天神繁昌亭。


和気藹々の楽屋だけれど、今席は出演者同士にいつも以上の連帯感が生まれており、とても和やかな雰囲気で進行しています(^ー^) それがお客さんにも伝わるのか、客席も日を追うごとに盛り上がりを見せております(^o^)/


繁昌亭の場合、10本の演目が並びますが、私は寄席というものはそれら全てを通してようやく一つの作品が出来上がるものだと思っています。


15日(水)は終演後、近所の串カツの店「七福神」で酒宴を繰り広げ、ますますチームワークが強まりました(^0_0^)


ここ二日間の演目は次の通り。


15日

『商売根問』雀太

『時うどん』竹丸

『鹿政談』文昇

「漫才」幸助&福助

『野崎詣り』春蝶

『だんじり三代』そめすけ

    〈中入〉

『オトナの試験』かい枝

『堪忍袋』竹林

「形態模写」好田タクト

『質屋芝居』米團治


16日

『商売根問』雀太

『始末の極意』竹丸

『手水廻し』文昇

「漫才」幸助&福助

『紙入れ』春蝶

『通天閣に灯がともる』そめすけ

    〈中入〉

『京の茶漬』かい枝

『まめだ』竹林

「形態模写」好田タクト

『質屋芝居』米團治


お越しいただいた方々の感想は概ね大好評です(^ー^) 「初めは途中で寝るかも…と思っていたけど、どれも面白くて、あっという間の3時間だった」という声を聞いた時は、とても嬉しゅうございました(^人^)


これよりは私、17日(金)と19日(日)に出演します。18日(土)は私に代わって福團治師匠がトリを取って下さいます☆☆☆


 


夜席はライトアップが美しい繁昌亭。


ますます繁盛の繁昌亭をどうぞご贔屓にm(__)m