トップへ

2013.04.25 《「桂南天の京まち寄席」に出演》


23日(火)は桂南天くんの勉強会、京まち寄席にゲスト出演させていただきました(^0_0^)


 

 

会場は京都御苑の西側、蛤御門の向かいにある護王神社。

 

ここには奈良時代末期から平安時代初期に活躍した和気清麻呂公と、姉の広虫姫が祭られています。

 

和気清麻呂公と言えば、今年の初めに訪れた洛西の高雄山神護寺の境内に霊社がありますが、そこから御霊を分けられたのだとか。

 

私がKBS京都のラジオ番組にレギュラー出演していた頃はたまに参拝していましたが、ここ数年は足が遠のいておりました。


 

 

久しぶりに訪れた境内は、以前と変わらぬ、とても穏やかな空気に満ちていました(^0_0^)

 

拝殿横の護王会館には沢山のお客様がお越し下さり、、いざ開演──。

 

『元犬』眞

『野崎参り』南天

『子は鎹』米團治

   〈中入〉

『どうらんの幸助』南天

 

松尾大社での落語会でも思いましたが、このホールにも笑いの神様が降りて来られたのではないかと思うほど、陽気な笑い声が響き渡っていました(^ー^)

 

終演後は会場近くの「草庵(ソウアン)」というお好み焼き屋で打ち上げ(^o^)/

 

ここは烏丸通り出水西入ルという閑静な住宅街にポツンと佇んでいる古い町家を利用したお店。中に入ると、とても家庭的な雰囲気に包まれていて、思わず「ただいま」と言いそうになりました(^-^ゞ

 

ビールや日本酒とともに味わう、お好み焼き、焼きそば、モダン焼き、そばめし…。とても美味しかったです(^q^)


 

 

宴席でのサプライズは、桂南天後援会の岡田さん、中村さんから露の眞ちゃんに送られたアニバーサリー・ケーキ! 実は、眞ちゃんはこの日が入門5周年の記念日だったのです。それを南天後援会の方が知って下さっていて、突然、ケーキが送られたというわけ(^0_0^)

 

「入門日は芸人としての誕生日だから」と、みんなで「ハッピーバースデーま~こと~♪」を大合唱(^o^)


 

 

満面笑みの眞ちゃん(^○^) 最近は男に間違えられることも少なくなったそうです(^0_0^)

 

かくして、京の町家の夜は和やかに更けて行きました☆~☆