トップへ

2012.06.30 「“おぺらくご”──盛況のうちに幕」


吹田メイシアターでの「桂米團治の“落語”と“おぺらくご”」は、盛況のうちに幕を降ろすことができました。

 

前半は落語会、後半はおぺらくご。二つのジャンルを同時に楽しめる趣向はいかがでしたでしょうか?

 

『動物園』團治郎

『時うどん』あさ吉

『七段目』米團治

   〈中入〉

『フィガロの結婚』米團治

 

前半は浅野美紀さんの三味線のもと、普通の落語会の雰囲気で進行。後半は、三味線に代わって弦楽四重奏が舞台下手に登場。そこにソプラノ・メゾソプラノの歌手が加わり、モーツァルト作曲の『フィガロの結婚』を落語スタイルで演じました。

 

弦楽四重奏

第1ヴァイオリン…崔文洙(チェ・ムンス)

第2ヴァイオリン…佐久間聡一

ヴィオラ…奥幸代

チェロ…北口大輔

 

スザンナ役…日紫喜恵美

ケルビーノ役…伊藤絵美

 

何しろ、クラシック界の精鋭たちに囲まれての高座なので、私が無理に頑張らずとも、皆さんがリードして下さるのです。私自身、素敵な音楽に包まれながら、贅沢なひとときを過ごしたという気分になりました(^ー^)

 

ご来場の皆様、誠にありがとうございました! よろしかったら、メールで感想をお送り下さいませ♪


 
終演後、出演者一同で記念撮影(^ー^)



館内のレストラン「ローゼンタールいずみ」のお弁当(^q^)