トップへ

2010.09.10 「彦八まつり」


二日酔い状態で朝一番ののぞみに乗って帰阪。


この日は奈良の石上神宮の崇敬会の大祭で落語を演じた後、すぐに大阪の生國魂神社で行われている噺家のまつり“彦八まつり”に合流すべく、一路、大阪へ――。


でも、のぞみが京都駅に着いた時、山陽新幹線の姫路~相生間でこだま号が故障して立ち往来したため(またもJR西日本!)私の乗っているのぞみ号は京都駅で止まってしまいました。いつ復旧するかわからず、現状を全然アナウンスしない状況での時間は本当に長く感じますね。でも物は考えよう。丁度幸い、前日かなり呑んでいた私は、丁度やってきた売り子さんから弁当を買ってパクパクと完食。お蔭で二日酔いが治りました。


彦八まつりでは、私は米八兄さんと一緒に毎年“射的”の屋台を出しています。今年も賑やかに行いましたが、忙しすぎて写真を撮る暇が全然なく、ブログに載せられません。


雰囲気を見たい方はどうぞ上方落語協会のホームページ

http://www.kamigatarakugo.jp/hikohachi.html)をクリックして下さい。おそらく何か載っているはず。


そうそう、今年の実行委員長はざこば兄さんでした。昨年が昨年だっただけに(詳しくは言えませんが、フィナーレの凄い様子が結構ネットに流れているようです)、今年はどうなるかと心配していました。が、今年はお酒を一滴も飲まずに、フィナーレの手締めも完璧になさいました! 内部からは「物足りない」との声が…!?


そして、まつりの興奮が醒めやらぬまま、翌朝早くに私は富山に行きました。そこでスレンダーなバレリーナとの出会いが!

(続く)