トップへ

2011.10.14 「近江米の新米が届いた」


滋賀県甲賀市土山の福井さんちの田圃でできた新米が届きました。かねてより懇意にしていただいている兼業農家の方で、なんと30kgの包みが2つ! ウチには精米機がないので、早速、尼崎市杭瀬にある丸一米穀店に持ち込んで精米してもらいました。ご主人の中野さん曰く「なかなかええ米ですよ。精米しただけで、すぐ分かります」とのこと。ワクワクしながら自宅に持ち帰り、炊飯器で炊いて、「いただきま~す」と口に入れた瞬間、「あ~美味し!」。ふっくら、しっとり。おコメ本来の旨みが口の中に広がります。「日本に生まれて良かった」と、幸せを感じました。福井さん、ありがとう! 来年は田植えに行きますね☆


聞けば、福島のコメも放射性物質(セシウム)の含有率が基準値以下だったとかで、ホッと一安心。日本の食物の自給率が年々低下していく中、せめて日本古来が育て上げてきた稲作文化は守りたいもの。世間ではこのところ、「日本もTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)へ参加するべきだ」「いや、絶対に加入すべきではない」という議論がかまびすしくなってきていますが、私は日本の農業や雇用の秩序を守るためにも「TPPには参加すべきではない」と思っています。


でも、“親分”のごり押しに面と向かって逆らえば、また何をされるか分からないので、野田総理には50年ほど前向きに検討し続けていただくようお願いします。APEC(アジア太平洋経済協力)の首脳会議の時期が来ても「熟慮に熟慮を重ねてまいりましたが、あとほんの少しだけ時間を要することとなりました。重要な案件ですので、党内や国会でも更なる議論を重ねた上で、早急に結論をお出し致します。ここは一つ、ドジョウのように細く長いおつき合いで、もう少しだけお待ちいただきますよう、伏してお願い申し上げます」とね。


そうそう、私は明日(15日)、久しぶりにNHKのラジオに出ます。NHKラジオ第1放送『かんさい土曜ほっとタイム』(13時30分~15時55分)。私は午後2時過ぎから登場する予定です。佐藤誠さんと上方文化についてあれこれお話することになると思いますが、ひょっとしたらコメの大切さを熱く語ることになるかもしれません。何しろ私は米團治f(^_^; 宜しかったら、お聴き下さい(^ー^)

  
                   今日も元気だ、ご飯が旨い!