トップへ

2011.06.29 「洗面台に水が散らかるわけ」


ブロードウェイ・ミュージカル『太平洋序曲』の公演も、あと4日を残すだけとなりました。私の楽屋は田山涼成さんと相部屋です。田山さんはいつも笑顔で私にいろんな話をして下さいます。学生時代に芝居に目覚めたこと、「夢の遊眠社」で体育会系の稽古をしていたこと、そこで奥様を獲得した話、劇団新感線にゲスト出演した時の逸話などなど、この二週間で私は田山さんの自叙伝が書けそうになりました。(ちなみに、文豪・田山花袋とは何の血縁関係もないそうです)

 

そんな田山さんが楽屋で「どうも不思議だ」と、ずっと言い続けていたことがありました。それは、私が洗面所で顔を洗う時は外に水がこぼれないのに、田山さんが洗う時はいつも外に水が跳ねて、あとで必ず洗面台を拭くようになること。田山さん曰く「家ではこんなことないのに、どうしてなんだろう」と毎日訝しく思っておられました。もはや二人の間の怪事件となっていたのです。

 

で、今日、化粧前でツーショット写真を撮った時、洗面所事件の謎が解けました。田山さん、顔が大きい! 私の1,8倍ある! 「こりゃ楽屋の洗面台では水が溢れるのも無理はないよね」と、納得されてました(^ー^) 田山さん、明日は大きめの台拭きをお持ちしますね☆

 
いつも笑顔の田山涼成さん(決して海原はるかさんではありません)と一緒に♪