トップへ

2016.10.05 《今、再び「エスカレーター右立ちへ」の提言》


小池百合子さんが東京都知事となり、これまでの行政の闇の部分にメスが入れられて行く様子は面白いですね。真相はなかなか語られないでしょうが、痛快です。

オリンピック開催に向けて幾多の問題が噴出していますが、なんとか良い方向に進んでもらいたいもの。

上方の噺家の提言としては──。

エスカレーターの左立ちを、なんとか右立ちに変更してもらいたい☆

そんなこと、どうでもいいじゃないかと思われる御仁もおられるでしょうが、関西人にとっては大事なことなのです。

関西…殊に大阪では昭和45年の万博の時に、エスカレーターやムービング・ウォークでの「右立ち」が徹底され、今もその方式が続いています。

実は「右立ち」こそが国際基準なのです。主要先進国はおしなべてエスカレーターの右側に立つのです。なぜ東京の人が左側に立つようになったのか。その考察は以前、東京新聞のコラム「言いたい放談」に記した通り。

皆さん、東京オリンピック・パラリンピックが近づいた今こそ、国際基準に改めようではありませんか!

大阪人と違って東京人は素直な性格の方が多いから、“お触れ”が出れば、すぐに習慣も変わるはず☆☆

1005%e2%91%a0

4日(火)の夜、文枝会長の提案で結成された「平成元年以降に襲名した噺家の集い──寿々喜(スズキ)会」の懇親会が、曽根崎お初天神通り商店街の「ニューミュンヘン本店」であり、ここでエスカレーターのことを話そうと思っていたのですが、芸談・雑談・猥談に終始し、すっかり忘れてしまった次第。相変わらずの私です(^◇^;)

ちなみに、「寿々喜会」は奇数月の30日の夜に天満天神繁昌亭で開かれています。次回(11/30)は私も出演☆☆☆

1005%e2%91%a1

そうそう、文枝会長のもう一つの発案事項「乙夜(イツヤ)寄席」が、今月11日(火)から始まります。

若手のさらなる成長を願い、「東京で話題の深夜寄席を大阪でも開こう」と、文枝会長が提案。第2・第4火曜の21時45分から天満天神繁昌亭で開かれることが決まりました。

1005%e2%91%a2

第1回の出演者は、笑福亭たま・桂あおば・桂米輝の三人。

若手精鋭の成長ぶりにご期待下さい!

あ、深夜寄席は東京に倣っての企画やさかいなぁ。ほな、エスカレーターも「左立ち」にせえと言われそう(^◇^;)