トップへ

2015.11.02 《第9回「博多・天神落語まつり」、盛況のうちに幕》


10月30日~11月1日までの三日間、福岡の秋を彩る恒例の「博多・天神落語まつり」が盛大に繰り広げられました\(^o^)/

今年も東西の噺家が福岡市内に集結し、4つの会場で同時刻にさまざまな種類の落語会を開催!    しかも、昼夜公演 !!         どこもかしこも大入満員の大盛況↑↑↑

1102①

毎年のことながら、三遊亭円楽兄貴のプロデュース力には驚かされます。

1102② 1102③
楽屋には地元で評判の食べ物がいっぱい(^o^)

1102④
(私のために!?)瓶のコーラまで用意して下さっています(^^)/

なんと、疲れた演者のためのマッサージ室まであるのです!

1102⑤
私も出番の合間に受けました。めっちゃ気持ち良かった!    枡田充弘さん、おおきに !!

1102⑥
ここのスタッフの皆さんは本当によく働いて下さいます。

そして何より、沢山のご来場を賜り、無上の喜びでした(^人^)

ちなみに、私が出演した番組は次の通り。

【初日】昼の部 @ JR九州ホール
『権助芝居』    宮治
『淀の鯉』    米團治
『井戸の茶碗』    さん喬
            〈中入〉
『荒大名の茶の湯』    小朝
『稽古屋』    文珍

【二日目】昼の部 @ JR九州ホール
『堪忍袋』    遊雀
『地獄八景亡者戯(前半)』    米團治
『馬のす』    円楽
『抜け雀』    南光
            〈中入〉
『そば清』    さん喬
『笠碁』    ざこば

【千穐楽】昼の部 @ イムズホール
『子ほめ』    たま平
『ろくろ首』    王楽
『文七元結』    花緑
            〈中入〉
『七段目』    米團治
『蜆売り』    正蔵

1102⑦

今回はほかの人達の高座もゆっくり聴く余裕がありました。いやぁ、まるでお客のような気分で落語を堪能し、大いに勉強にもなった次第☆☆☆

噺家同士の東西交流もできて、嬉しいかぎり( ^-^)(^-^*)

そうそう、円楽兄さんが美味しい卵かけご飯の作り方を教えて下さいました(^o^)

1102⑧ 1102⑨
まずは卵を割り、黄身を殻に残して、白身だけご飯にかけます。ご飯と白身を充分かき混ぜた後、残していた黄身を入れ、醤油を垂らし、普通にかき混ぜて出来上がり!

1102⑩
風味抜群の卵かけご飯が味わえますよ。お試しあれ(^o^)/

終演後は毎晩、酒宴の席が設けられました(^-^*)

1102⑪

歌丸師匠もFFGホールで『牡丹灯籠より、栗橋宿』を熱演された後、その足で打ち上げ会場にお出でになるのです(*^o^*)

1102⑫

ハロウィンも重なって、博多・天神界隈は連日大賑わいとなりました\(^o^)/

1102⑬ 1102⑭
今年も私はキャナルシティ劇場の近くのうどん屋「かろのうろん」に立ち寄って、ざるうどんを二枚ぺろりと平らげました(^O^)v

もちろん神社参拝も忘れません。

1102⑮
今回印象に残った所は、住吉神社――。

1102⑯ 1102⑰
境内に入るなり、爽やかな空気に包まれて、とても癒されました(^-^)

1102⑱

本殿では結婚式の真っ最中!    幸せのお裾分けをいただきました( ^-^)(^-^*)

1102⑲ 1102⑳
滞在先の西鉄グランドホテルは、料理も美味しく、快適でした(^_^)/

来年はいよいよ「博多・天神落語まつり」が10周年を迎えます。11月3日~6日の4日間に枠を拡大するとのこと。今からワクワクしています↑↑↑