トップへ

2011.02.11 「雪のピッコロシアターで独演会」


予報通り、未明から大阪でも雪が降り出し、朝起きたら一面の銀世界。 雪好きの私は庭駆け回り、犬(モモ)はカーペットで丸くなっておりました。

 

今日は兵庫県尼崎青少年創造劇場、いわゆるピッコロシアターでの独演会でした。 綺麗な雪景色に癒されながらも、ヒト来るんかいな…という一抹の不安を抱きつつ、会場に到着。 いざ開幕すると──、お蔭さまで沢山のお客さんで埋め尽くされ、ホッと一息。 ホントに有難うございました(^ー^) 感謝☆

 

今日も三席勤めましたが、一席目は黒紋付きと羽織袴で出ました。 今日が紀元節という意味合いもあったんですが、もう一つ意味がありました。 それは、長年ピッコロシアターの館長を務めて来られた山根淑子さんが去年の暮れに急逝されたことです。 山根さんの演劇にかける思いは強く、兵庫県立ピッコロ劇団を創設し、その運営に力を注いで来られました。 舞台芸術の世界では今やピッコロ劇団の存在は日本中に知られており、数々の賞も受けておられます。 舞台を愛するその魂は、現在の藤池館長をはじめとするスタッフの方々にしっかりと受け継がれています。 先日、山根さんを偲ぶ「お別れの会」には伺うことができなかったので、本日、黒紋付きに羽織袴で登場したというわけです。

 

落語会は宗助はんと佐ん吉くんの力を借り、なんとか無事に終えることができました。 また、忌憚のないご意見をお寄せ下されば幸いです。 今日うまくできなかった箇所は、次回必ず完成させるよう努めますf(^_^;

 

明日は、13日に京都府八幡市で開かれるコンサートの稽古のため、大阪城近くの稽古場に行きます。 大阪市音楽団との競演。 今から台本を頭に入れます♪