トップへ

2014.10.10 《おいっちゃんの傘寿のパーティー》


先日、京都・祇園で「いまむら」というお茶屋を営む今村伊都子さんの傘寿を祝うパーティーが、大阪でありました。
  
1010④ 
会場は大阪市北区西天満2丁目の「中之島 LOVE CENTRAL」。昨年の暮れ、堂島川の畔にできたパーティースペース☆
 
 1010⑤
 
丁度、裁判所の向かいに当たります。川面に突き出すように作られたお洒落な空間──。中之島の公会堂の夜景を見ながら食事をするという雰囲気は、今までの大阪には無かった味わいです。
 
1010⑥
 
80歳を迎えた「おいっちゃん」こと、今村伊都子さんはパーティー会場の入口で我々来場者を明るく元気に迎えて下さいました。
 
 おいっちゃんは大阪生まれでありながら、子供の頃に京都へ出て、祇園甲部のお茶屋で“おちょぼ”として働き始めました。
 
 “おちょぼ”とは仲居見習いのようなもの。電話がまだまだ普及していなかった時代──、置屋とお茶屋の間を走って芸妓さん舞妓さんにお座敷を知らせたり、時には無理やり連れて行ったり…、お茶屋の裏方の仕事をしているうちに、お客様の気持ちを汲む術を覚え、ついには“お茶屋の女将”にまで上り詰めたいう稀な方なのです。
 
私は父、米朝の鞄持ちをしている頃から、事ある毎に「いまむら」に連れて行ってもらい、花柳界の作法を学ばせていただいて参りました。
 
この日は株式会社カトープレジャーグループの代表でいらっしゃる加藤友康さんが発起人となり、おいっちゃんと縁のある方々、約百名が参加──。
 
各テーブルを祇園甲部の芸妓さん舞妓さんが回られ、とても和やかにパーティーは進行☆☆
 
元宝塚歌劇団トップスターの榛名由梨さんや、天海祐希さんもお越しになり、お祝いの言葉で花を添えられました(^ー^)
 
噺家で参加したのは、上方落語協会副会長の桂春之輔さんと、米朝事務所常務取締役の桂南光さん。そして、この私(^o^ゞ
 
お披楽喜に際しては、僭越ながら私が父の名代として“米朝締め”を披露させていただきました(^∧^)
 
おいっちゃん、これからもお元気で、祇園の花柳界を面白く演出して下さいね☆☆☆