トップへ

2013.12.22 《第16回 米團治 研鑽の会》


21日(土)は大阪・西成の動楽亭で「米團治・研鑽の会」を開催。早いもので第16回目を数えるに至りました。


 

 

毎回、不馴れなネタ、お蔵入りしていたネタ、ネタおろしを発表する私自身の研鑽会──。今回の眼目は『除夜の雪』。以前に一度やったきり、長いことやれずにいたネタです。


 

 

前座に慶治朗、二つ目に米輝、鳴物係に團治郎と、19日(木)の繁昌亭に続いて弟子一同が顔を合わせたので、一門会のような雰囲気となりました(^-^ゞ

 

『動物園』 慶治朗

『代書』 米輝

『除夜の雪』 米團治

    〈中入〉

『住吉駕籠』 米團治

 

不安いっぱいの『除夜の雪』でしたが、どうやら今回で演じるツボが見えてきたみたい(^0_0^)  いつでもどこでもできるネタではありませんが、この感触を忘れぬうちに、何度か高座に掛けますね☆

 

もう一席の『住吉駕籠』も滅多にやらないネタですが、お客さまの温かい眼差しに支えられ、大きな笑いを取ることができました☆☆

 

ご来場まことにありがとうございました。また感想をお寄せ下さい(^人^)

 

三味線の高橋まきさんと、鳴物お手伝いのあおば君、どうもありがとう(^人^)

 

終演後、動楽亭の出口では長蛇の列ができていました。なんと、カレーを買うための行列☆☆☆

 
 

私の“こだわりオニオンカレー”の出足は好調! なかには、19日の一門会で購入して、美味しかったので今日また買いに来たという人もおられました。カレーを求めて落語会に来る…喜ぶべきか、悲しむべきか(^o^ゞ


 

ちなみに、CD&DVDも置いております。よろしくお願い致します(^人^)

 

この日は、その後、書道「景風会」のクリスマスパーティーに参加するため、宝塚へと向かいました。


 

宝塚ホテルはイルミネーションに彩られ、クリスマス気分満載(^ー^)

 

大根とフォアグラの前菜から、パイ生地の帽子をかぶったスープ、黒毛和牛のステーキ、サンタをあしらったデザートに至るまで、どれも美味しくいただきました(^q^)


 

「景風会」主宰の片岡紫江先生やスタッフの方々と、パチリ(^0_0^)

 

クリスマスを祝い、一週間後には神社に初詣をし、最期はお寺さんのお世話になるという日本人の宗教観って面白いですね。


 

 

Merry Christmas and Happy New Year !